ノルバスクOD錠-医薬品の効果・副作用

水なしでも飲めるOD錠(口腔内崩壊錠)という形状の薬が発売されているノルバスク。通常のノルバスクとの違いや、OD錠であるメリットデメリットについての解説サイトです。

ARB系ではないグループに属する薬剤のノルバスクとは

血圧が高いことを悩んでいる人が多いです。
ただ、健康診断で高血圧症と診断されても、すすんで治療を受けようとせずに、放置している人も少なくありません。
何もしないでいると、動脈硬化を起こし、はては、脳梗塞や心筋梗塞など一命にかかわる疾病にまで発展する恐れもあるのです。
血圧が高いと診断されたら、自覚症状がないからといって放置せずに、早期に対応をすべきです。
対策としては、減塩の食生活に切り替える、適正な体重を保つ、もし喫煙しているならば即禁煙する、適度な運動をするなどがあげられます。
そして、医師に相談して、高血圧症向けの薬剤を服用することが大切です。
多くの種類の降圧のための薬剤が出ています。
たとえば、ARBと略されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬があります。
これが作用して機能を果たすためには、その受容体に結合しなければなりません。
言いかえれば、アンジオテンシンII受容体を遮断してしまえば、アンジオテンシンIIが受容体に作用することがないので、血圧が上がることもありません。
これがARBの作用メカニズムなのです。
ARBは、降圧作用はもちろん、腎臓や心臓を保護する作用、また、動脈硬化を抑制する働きなどがあり、臨床の現場では重宝されています。
ARB以外にも、カルシウム拮抗薬に分類される薬剤があります。
有名なものとしては、ノルバスクが代表格です。
ノルバスクは降圧効果が非常に強く、また副作用が少なく、効果の持続が長いと、メリットに富んでいます。
今では、医師が高血圧症と診断した患者に対して、まずはノルバスクを使うということが一般化してきているほどです。
国境を越えて、世界の臨床現場で使用されているノルバスクには、降圧剤としての強い信頼感が集まっています。